沿革

昭和30年5月(1955年5月)
個人創業にて蒟蒻原料商開業
昭和42年5月(1967年5月)
有限会社上原茂商店設立
昭和62年4月(1987年4月)
こんにゃく原料精粉工程をコンピュータ管理による全自動プラントとする
昭和63年9月(1988年9月)
こんにゃく生芋の乾燥工程をコンピュータ管理の自動化とする
平成3年2月(1991年2月)
こんにゃく製品の製造販売を開始
平成6年4月(1994年4月)
こんにゃく製品の製造工場及び直売所として馬山工場を建設
平成7年5月(1995年5月)
有限会社上原茂商店を株式会社ウエハラに社名変更し改組する
平成11年9月(1999年9月)
こんにゃく用海藻粉製造工場、自動倉庫の建設
平成13年9月(2001年9月)
こんにゃく製品製造工場増設
平成14年10月(2002年10月)
レトルト加工製品製造販売を開始
平成15年3月(2003年3月)
びん詰飲料液体調味料製造販売を開始
平成18年5月(2006年5月)
粉体自動計量充填装置を設置
平成21年1月(2009年1月)
こんにゃく製品製造を主業とする第2事業部をウエハラHCとして分社独立
平成22年(2010年)
ミャンマー産こんにゃく原料の販売を開始
平成29年10月(2017年10月)
森沢工場本格稼働開始
平成30年6月(2018年6月)
ウエハラHC馬山工場を移転に伴い転売